【2020年最新】夏の北海道旅行オススメ3選!

待ちに待った夏休み!毎年の夏休みに旅行に今年は北海道に行こうと考えている人も多いのではないでしょうか?でも、広い広い北海道。どこに行ったら良いのか迷ってしまうという人も少なくないと思います。

そこで今回は、北海道生まれ北海道育ち、全道を旅行した私が厳選した3つのスポットを紹介したいと思います。

1分程度で読めますし、夏の北海道の行くべき場所がわかるのでまずはご一読を!

オープンしたばかりのウポポイ

ウポポイとは

令和2年7月13日にオープンした、北海道の先住民アイヌの文化を学び伝える北海道初の国立博物館です。

博物館だけではなく、レストラン、ショップ、公園が併設されており、1日楽しめるようになっています。

公園の中には体験交流ホールや体験学習館があり、民族楽器を用いた演奏や民工芸品を作成するといった体験が楽しめることも魅力ですね。

また食を通じてアイヌの文化に触れることができ、3カ所あるレストランでアイヌの食事を楽しめます。

ちなみに「ウポポイ」とは、アイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」の意味。

ウポポイってどこ?

気になるアクセスですが、苫小牧市の隣で太平洋に面した白老町にあります。

JR白老駅から約500m(徒歩10分)と近いのでJRで来ることもできます。他にも回る予定のある人は車がオススメ。

札幌から

高速道路利用で約65分

特急列車利用で約65分

新千歳空港から

高速道路利用で約40分

特急列車利用で約40分

※JRで来られる場合、JR白老駅から約500m(徒歩10分)

引用:ウポポイ(民族共生象徴空間)

url:https://ainu-upopoy.jp/

ラベンダーと言えば富良野、美瑛

ラベンダー見るならファーム富田

富良野で一番有名なラベンダーファームです。見頃は7月初旬〜8月初旬。満開のラベンダー畑はとてもキレイでラベンダーの香りと共に楽しめるでしょう。

また、ここではラベンダーを使った香水、ソフトクリームや石鹸などを購入することができお土産にも最適。

丘の町美瑛

富良野からさらに旭川方面に20分程北上すると到着します。美瑛は丘の町とも呼ばれ丘上にじゃがいもなどの畑が1面に広がった美しい景色が魅力です。

レンタサイクルがあるのでサイクリングで北海道の広大な大地をより肌で感じるものオススメ。

世界自然遺産の知床

知床半島クルージング

クルージングの一番の見所はなんといっても動物ウォッチング!沿岸はヒグマの住処とも言われているので船から見られることも。運が良ければシャチ、イルカ、くじらと遭遇もあるかも!?

あと実は知床半島の先端、知床岬へは車で行くことができません。なので一般の方は船から見ることになります。

知床トレッキング

もう1つの楽しみ方はトレッキングです。知床では木道をのぞきトレッキングに出る前に講習を受けることが推奨されています。特にヒグマとの遭遇について事前に学びます。それでもヒグマとの遭遇が怖いと思いますが、現地ガイドがいるので希望する人はガイドと一緒にハイキングに行けるので初めてでも安心して楽します。

まとめ

今回は夏の北海道旅行ということで3箇所紹介させていただきました。広い北海道なので2泊3日でも今回紹介したところを全て回るの難しいです。なので移動時間に余裕を持って北海道の夏を楽しんでもらえたらと思います。

 

この記事を書いた人